読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー男性のそこそこ節約貯金投資日記

人生詰みそうなアラフォーおじさんが今更節約とか貯金とかしてみる

確定型拠出年金を検討しているんだけど

アラフォー お金

最近老後のことが本当に心配になってきたんですよ。
だから節約して貯金して、家を買おうかなーなんて考えるんですけど、年金がちゃんともらえるかも本当に心配なんですよね。


それでまあ貯蓄型の生命保険やら個人年金なんかを調べているんですけど、確定型拠出年金にも加入しておいたいいような気がして。


出始めのころは401Kなんて言われていたんですけど、最近は「確定型拠出年金」という名称の方が一般的なんですかね?


401Kが出始めたころは何の事だかよくわからなかったのですが、最近色々と調べてみると入っておいた方がいいような気がしてきました。


確定型拠出年金の何がいいかと言えば、掛け金が全額「所得控除」されることです。
年末調整で保険の控除があるのは知っていたのですが、確定型拠出年金の場合は控除される額が全額というのがポイント。
生命保険や個人年金でも控除がありますが、これらは控除される上限が決まっています。
これは非常に大きなメリットです。


基本的に確定型拠出年金は自分で運用するのですが、その運用益に関しても非課税になります。
ちょっと前まで証券会社の積立投信でも買おうと思っていたんですけど、それなら確定型拠出年金の方が色々と税金面で優遇措置がありそうです。


もちろん確定型拠出年金にもデメリットというか注意点があります。
まず大きな注意点としては投資する商品によっては元本割れの可能性があるということ。


元本保証で利率の低い商品があるのですが、他の投資信託商品を選択した場合は元本割れのリスクがあります。


また、運用を依頼する会社によっては選択できる商品が少ない場合があります。
確定型拠出年金の商品が多い会社であっても、通常の投資信託の商品数よりはぐっと少なくなってしまいます。


それと年間の管理手数料がかかる点にも注意が必要です。
この年間手数料はだいたい3000~5000円程度といった感じでしょうか。
預入資産が多い場合には年間手数料が0円のところもあるみたいです。


他にも確定型拠出年金には個人型と企業型があり、それぞれ上限の掛け金が違うなどの差があります。


企業型だと損金として処理ができるので、儲かっている会社は社員のために設定してもいいかと思います。


それにしても色々と知らないことが多いものだとアラフォーになって気が付きました。

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフォーオヤジへ
にほんブログ村