読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー男性のそこそこ節約貯金投資日記

人生詰みそうなアラフォーおじさんが今更節約とか貯金とかしてみる

退職金の無い中小企業に入社した新入社員の方へ伝えたい「お金」と「節約」と「保険」の話。 「保険編」と「まとめ」 健康なうちに安い保険に入っておこう。

前回、前々回の続きです。最後に凄いざっくりまとめが書いてあります。

 

ara40ojisan.hatenablog.com

 

ara40ojisan.hatenablog.com

いきなりですが皆さんは保険に入っていますか?保険と言っても入院した時などに支払われる医療保険、死んだときに支払われる生命保険、そして保険と言えないかもしれませんが個人年金など様々な保険があります。

多分、新入社員の皆さんは保険にはまだ加入してないと思いますが、僕はある一定額は保険に入っていたほうがいいと思っています。

安い医療保険がん保険を検討しよう

 

ぜひ皆さんもご自分で保険に加入した方がいいかどうかを調べてもらいたいのですが、「医療保険」と「ガン保険」には入っていたほうがいいと考えています。と言っても安い奴。

生命保険は新入社員の方には必要ないと思います。既に結婚してお子さんがいるなら必要かも知れませんが、一人身であれば生命保険入っていても死んだら使えませんしね。特に皆さんも名前を知っている「日○生命」や「第○生命」と言った保険会社の生命保険はしっかりとお断りした方がいいでしょう。

個人年金は余裕があれば加入を検討してもいいと思います。

保険に入る際は「告知事項」というものがあります。これは保険会社が加入気病者の病歴を聞いて審査するために書かされるものです。例えば既に重い病気にかかっている人に保険に入ってもらうと保険会社は損してしまいますからね。一部緩和型の保険もあります。

40歳で健康である自信はありますか?

 

40歳になっても健康である自身があれば特に「医療保険」には入る必要がないと思いますが、そんな保証はどこにもありません。なので健康なうちに「医療保険」と「ガン保険」に加入しておくことをお勧めします。

かなり多くの方が「医療保険」には否定的な考え方を持っています。それは皆さんが給与から差し引かれている「社会保険」が充実しているからです。例えば大きな病気を患い手術をし長期間入院したとしたら数10万円か費用が発生するでしょう。

でも実際には数10万円も払う必要はないのです。それは「高額療養費制度」という制度を使えば月の支払いは10万円程度で抑えることができるからです。

高額な医療費を支払ったとき(高額療養費) | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

手術をして3カ月くらい入院したとしても30万円、余裕を持って50万円も持っていれば十分支払うことは可能です。(差額ベッド代など色々ありますけど、細かいことは置いておきます。)

なので医療保険に入らなくても良いと考えている人は、医療保険に支払う分を貯金しておけば支払うことが出来るという考えです。僕もこれは正しいと思います。

が、新入社員の方は50万円の貯金なんてほとんどの人がないでしょう。貯めるにしても何年もかかります。なのでまずは安い保険に入っておきましょう。おススメは県民(都民)共済です。

www.tomin-kyosai.or.jp

色々と保険の種類がありますが、中でも「入院保障2型」を検討してみましょう。

www.tomin-kyosai.or.jp

月々2千円と新入社員の方にはちょっと痛い出費かもしれませんが、県民共済には割戻金と言って後でお金が戻ってくることがあります。大体30%強くらい戻ってくるので、月の支払いは1500円程度となります。

これならなんとか頑張って払える額ではないでしょうか。そして県民共済は安いだけでなく補償も他の医療保険に比べると充実しています。

他の民間の保険会社であれば僕はオリックス生命のキュアがいいと思います。補償内容は県民共済よりも落ちますが、値段はかなり安いです。色々シミュレーションもできるので楽しいですよ。

www.orixlife.co.jp

新入社員の時は今紹介したとりあえず安くてそれなりの補償がある保険に加入し、貯金が貯まったらその時に改めて保険を継続するか止めるか考えましょう。

がん保険も考えよう

 

そしてガン保険。これは医療保険とは少し性格が違い、ガンと診断されたら一括で大きな金額がもらえる保険です。(もちろん色々なガン保険があるので補償ないような確認しましょう)日本人の死因の第1位でもあるガンですが、もしガンになったら治療には長い時間がかかる可能性があります。そのために収入が減ってしまう可能性もあるでしょう。医療費ももちろんですが、こちらは先程の高額療養費制度が使えるので、僕の中では生活費としてのガン保険ととらえています。

ガン保険に関しては僕は朝日生命のスマイルセブンがいいと思っています。僕は先程の告知事項で落ちてしまいましたけど・・・。

スマイルセブン(無配当7大疾病一時金保険)|金融機関窓口取扱商品|朝日生命保険相互会社

40歳くらいになって健康診断の結果をみて不安になり、慌てて保険に入ろうとしても入れないことが往々にあります。なので若くて健康なうちに最低限の保険に入っておくことをお勧めします。

生命保険料控除で税金もお得になる、かも

 

そして新入社員の方はまだ知らないと思いますが、12月になると年末調整の用紙が会社から配られると思います。そこには自分が入っている生命保険や、個人年金を書く欄があります。なぜそんなことを書く欄があるのかと言えば税金が帰ってくる可能性があるからです。

控除について書くと長くなるのでこちらのリンクで調べてみてください。

No.1140 生命保険料控除|所得税|国税庁

すごいざっくり言うと、税金は自分の収入にかかってきます。本当は違いますが、あえてわかりやすく言えば、税率が10%の場合、年収300万円なら30万円の税金としましょう。でも「控除」があれば自分の年収から引くことができます。控除額が10万円なら年収が290万円扱いとなり、10%の税率であれば29万の税金となって1万円お得になります。

生命保険などに加入していると、この控除を使うことができるのです。

じゃあ、保険にたくさん入った方がお得なのかと言えばそういうわけでもなく、控除される金額には上限があります。それも先程のサイトで確認してみましょう。

No.1140 生命保険料控除|所得税|国税庁

ただ、ある一定の税金は戻ってくると言うことは覚えておいてください。もっとも保険に入っていなければその分貯金もできると言う話でもありますけどね。

アラフォーおじさんの言いたかったことまとめ

 

3回にわけてアラフォーのおっさんの戯言を書いてきましたがまとめると

「お金」→月5000円自動積立貯金をする。ボーナスは半分貯金。
「節約」→炊飯器を買って米を炊く。
「保険」→県民共済などの安い医療保険に入る。

こんなところが実践できれば年収300万円でもなんとか老後に退職金的なモノが作れると思います。そうは言っても人生良いことでも悪いことでもお金がかかるもの。貯金はなかなか難しいかもしれませんが、なんとか1年は頑張ってもらえればと思います。そうすれば翌年もなんとか続けられるはず!

40歳になって後悔しないように頑張ってください!

 


金融・投資 ブログランキングへ