読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー男性のそこそこ節約貯金投資日記

人生詰みそうなアラフォーおじさんが今更節約とか貯金とかしてみる

退職金の無い中小企業に入社した新入社員の方へ伝えたい「お金」と「節約」と「保険」の話。 「節約編」 炊飯器を買って米を炊こう。

お金 保険 節約 貯金

前回のお金の話の続きです。

 

ara40ojisan.hatenablog.com

 

節約がなかなかできない人は家計簿をつけましょう。と言っても家計簿付けるはめんどくさいと思います。クレジットカードを作って、スーパーでの買いものをカード払いにし、マネーフォワードなどの家計簿アプリと連動すると楽で出費も見えるようになりますが、それも面倒くさいと思うなら食費だけでも記録しておきましょう。

コンビニとスーパーの弁当はお金がかかる

 

新入社員の方の多くは慣れない環境で家に帰っても料理をする気力もない。朝も、早く起きて料理を作るよりも1秒でも寝ていたいと思います。そうすると自然にコンビニ弁当やスーパーの総菜コーナー、帰り道の牛丼屋やラーメン屋なんかが定番になってくると思います。

朝食は抜く人が多いかもしれませんが、昼食はコンビニで弁当500円+飲み物100円で600円、晩御飯はスーパーの弁当で500円で合わせて1100円。すると月33000円くらいの食費になります。といっても大体の人がもっと多く食費にお金をかけていくことになると思います。

コンビニ弁当ではなくたまには外食で900円とか、会社帰りにラーメンで900円とか。そうすると大体月の食費は4万円くらいになっているはずです。この4万円を35000円くらいに抑えることで月5000円貯金の費用をねん出できればしめたものです。

炊飯器を買ってコメを炊こう

 

どうやって食費を減らすかと言えば、炊飯器を買って米を炊いてください。これだけ。あとインスタントのみそ汁も買っておきましょう。自分でお米を炊けば茶碗1杯分で30円くらいです。インスタントみそ汁と合わせてもごはんセットで50円くらい。これに夜はスーパーでコロッケや唐揚げなどの200円くらいの総菜を買ってくれば1食250円から300円で済みます。今まで500円夕食に使っていれば200円浮くわけです。それだけで月6000円の節約になって貯金ができます。

料理を作ればもっと節約できるかもしれませんが、実はあと100円切り詰められるかどうか。煮物などが作れるようになれば翌日、自分で弁当を詰めて持っていくこともできるのですが、ハードルが高いとすぐにあきらめてしまいがち。なので節約するならまずは炊飯器で米を炊きましょう。

スーパーの半額弁当が一番お得という説もあり、否定はしませんが、いつも半額で買えるとは限りませんので、ぜひ米炊いてください。

電気やガスの節約はキツイ

 

水道光熱費は減らそうと思ってもかなり難しいです。節約できたとしても月に2000円出来れば大したもの。しかし頑張った割には金額として報われないとおもいます。

もし携帯電話料金に月1万円以上使っている人がいたら格安スマホに切り替えればもの楽にしかもすごい節約になりますので、そちらも調べてみてください。

もっともっと他にも節約の方法はあると思うので自分で試行錯誤してみましょう。とりあえず自分の出費を把握することが重要です。

新入社員の人が節約するのは環境も変わって大変だと思いますので、できるだけ無理をしない方法で継続できる節約をしましょう。

 


金融・投資 ブログランキングへ